So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

非常時おたすけ箱が人気! [東日本大震災]






非常時おたすけ箱という
災害時の非常用「おたすけ箱」が人気らしいですね。


みのもんたさんの朝ズバで紹介されてました!



「非常時おたすけ箱」は、
20種類の食品と水が入っており、
さらにそれらを食べ終わったら簡易トイレに早変わりするという
スグレモノ災害用グッズです。


非常時おたすけ箱を開発したのは、
宮城県石巻市のレトルト食品製造・販売会社、
マリンプロ」。


マリンプロは高台にあったために、
津波の被害を免れたそうですが、


従業員の中には、
自宅を津波に流され避難生活を余儀なくされた方たちもいたとか。


非常時おたすけ箱は、そうした人たちが、


「子どもやお年寄りなど被災弱者といわれる方々が喜んで食べてもらえる商品を作ろうと考えた」


と、知恵を出し合ったものだそうです。


そんな非常時おたすけ箱の中に入っているのは、


5年間は持つという、


「かぼちゃ煮」「さつま芋の甘煮」「肉じゃが」
「さばの味噌煮」「ししゃも焼」などのレトルト食品のほか、

飲料水、食器。


これは、
支援物資が届かないであろう災害発生時の3日間が想定されて、
20種余りが入っているとのことです。


非常時おたすけ箱の凄いところはさらに、


空になった段ボール箱は内側が2重構造になっていて、
体重150キロの人が座ってもつぶれないという、
簡易トイレとして使えること。



東日本大震災の被災地の企業が、
知恵を出し合って作った
非常時おたすけ箱。


今、飛ぶように売れているそうです。







nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。