So-net無料ブログ作成
検索選択

川島なお美さんの追悼番組が放送。「ミスDJ」時代、知られざるエピソード、川島なお美さんの懐かし秘蔵音源などを放出。千倉真理さんが語るプライベートの川島なお美さんなど…。「永遠のミスDJ 川島なお美」 [訃報]



川島なお美さん追悼番組
「永遠のミスDJ 川島なお美」
【2015年10月21日】

2015年9月24日に胆管がんのため54歳の若さで亡くなった女優
川島なお美さんを追悼し、特別番組
永遠のミスDJ 川島なお美」が放送された。



文化放送ウェンズデープレミアム 永遠のミスDJ 川島なお美

1979年に歌手としてデビュー後、
映画、舞台、バラエティの他、
1981年にスタートしたラジオ番組、
文化放送 ミスDJリクエストパレード」で
DJ を務めて知名度を一挙に上げた川島なお美さん。

今回の追悼番組では、
「ミスDJ」時代に焦点を絞り、
文化放送の川島なお美さんの懐かし秘蔵音源、
知られざるエピソードなどを放送。



番組パーソナリティは、吉田照美さんと、
親友で同じく「ミスDJ」を牽引した千倉真理さんの二人。

吉田照美さんは、
当時「ミスDJ」とともに
ヤングリスナーの耳を釘付けにしていたラジオ番組、
吉田照美のてるてるワイド」パーソナリティで、

今年3月まで文化放送のレギュラー番組、
吉田照美 飛べ!サルバドール」内の
「照美となお美 飛べサル旅行社開店中」という
ミニコーナーで共演。

「ミスDJ」のパーソナリティは当時、
毎日『てるてるワイド』に乗り込んでくるなど、
吉田照美さんと「ミスDJ」、
とりわけ初代パーソナリティの
川島なお美さんとの関係は深いものだった。

もう一人のパーソナリティである千倉真理さんは、
「ミスDJ」を川島なお美さんとともに牽引し、
その後も川島なお美さんと親交を深めていた。

川島なお美 ミスDJ.jpg

スペシャル番組・スペシャルゲストの回まとめ



川島なお美さんが肝内胆管がんで死去。 2015年3月のラジオ出演や「ミスDJ」音源を「吉田照美 飛べ!サルバドール」で放送。 ミスDJ時代の千倉真理さんも追悼。



nice!(0) 
共通テーマ:芸能

川島なお美さんが肝内胆管がんで死去。2015年3月のラジオ出演や「ミスDJ」音源を「吉田照美 飛べ!サルバドール」で放送。ミスDJ時代の千倉真理さんも追悼 [訃報]



川島なお美さんが肝内胆管がんで死去。
2015年3月のラジオ出演や「ミスDJ」音源を
「吉田照美 飛べ!サルバドール」内で放送。
ミスDJ時代の千倉真理さんも追悼。

吉田照美 飛べ!サルバドール
2015年9月25日放送より。

川島なお美さんの訃報を受けて、
吉田照美さんが自身のラジオ番組の冒頭で
川島なお美さんへの心境を語った。

川島なお美 がん 吉田照美.jpg

川島なお美さんは過去、
吉田照美さんがパーソナリティーを務める
吉田照美 飛べ!サルバドール」内で、
「照美となお美 飛べサル旅行社開店中」という
ミニコーナーに出演していた。

番組では今年2015年3月21日に放送された
このコーナーの最終回の音源が流された。

続いて、
川島なお美さんが1981年から1985年にパーソナリティーを務めていた
文化放送の人気ラジオ番組、
ミスDJリクエストパレード」で、
別の曜日のパーソナリティーを務めていた
千倉真理さんも電話出演。

川島なお美さんによる
「ミスDJ」の懐かしい音源も流され、
川島なお美さんを追悼した。

  

中居正広くんが今井雅之さんとの交流と亡くなったことへの思いを語る。


nice!(0) 
共通テーマ:健康

中島啓江さんが急死。体重減らして健康を取り戻そうとしてた矢先に…。 [訃報]



中島啓江さんが呼吸不全で11月23日に急死していたと聞いてびっくりしています…。

中島啓江さんといえばテレビなどにもよく出演されて
たくさんの人にも馴染みのあるオペラ歌手です。


いつも心にありがとう [ 中島啓江 ]

まだ57歳という若さだったそうです。

中島啓江さんの死因は呼吸不全とのことです。

中島啓江さんの印象はとにかくあの大きな体から受けるおおらかな人柄。

オーラの泉に出演された時は、
慈愛にあふれる紫のオーラが出ていると江原啓之さんや美輪明宏さんに言われてました。

ただその大きな体は健康にも影響していたようです。

体重は180キロを超していたそうで、
その体重が心臓や肺を圧迫し、そのせいで膝も最近は痛めていて、
つえや車いすを使って生活していたとか。

健康を取り戻そうと食事療法などにも取り組んでいた矢先のことだったそうです。

中島啓江さんのご冥福をお祈りいたします。

オーラの泉 中島啓江

オーラの泉 中島啓江 急死


nice!(0) 
共通テーマ:芸能

ZIPPEI熱中症で死亡!エアコン切れた車内で… [訃報]

ZIPPEI兄弟が2頭とも、熱中症で亡くなってしまったようです。



ZIPPEI(ジッペイ)兄弟は、
日本テレビ系の朝の情報番組「ZIP」で、
ダイスケと共に、全国を旅する犬として人気だった

4歳のサモエド犬の2頭。


番組でロケをする以外は、飼い主さんのもとで暮らしていたそうですが、
ZIPPEI兄弟の飼い主さんは「ZIPPEI」兄弟を含む
9頭を車に乗せたまま駐車場に駐めて離れ、
1~1時間半後に戻ってきたら犬たちはぐったりしていて、うち7頭が死んだとのこと。


飼い主さんはエアコンをつけていったということですが、
発見されたときは止まっており、熱中症と見られるとのこと。




イエローキャブ社長が自殺…佐藤江梨子 小池栄子ら所属 [訃報]

イエローキャブの社長が死亡したというニュースが報じられました。


佐藤江梨子さんや小池栄子さんら、
巨乳グラビアアイドル出身のタレント女優が所属している芸能事務所、
「イエローキャブ」の帯刀(おびなた)孝則社長が、
昨日の28日午後、東京都港区南青山の事務所内で死亡していたそうです。


関係者によると、首をつって自殺したものとみられるとのこと。


   


イエローキャブは一時期、
巨乳グラビアアイドルで芸能界を席巻した有名事務所。


1980年代から90年代にかけ、社長として辣腕をふるった
野田義治氏がグラドル路線を確立。


堀江しのぶさんに始まり、かとうれいこさん、細川ふみえさん、
雛形あきこさんら、人気グラドルを揃えて、
大手芸能事務所の一角に名乗りを挙げるまでになった。


 イエローキャブ秘蔵ベストセレクション


しかし2004年、経営路線をめぐる対立から野田義治氏が去り、
大半のタレントも野田義治氏に追随。


帯刀孝則氏はイエローキャブ系列の制作会社出身で、
プロデューサーを経て社長に就任。


その後、
イエローキャブは女優路線に転向し、
残った佐藤江梨子さんや、小池栄子さんらが事務所を支えていたそうです。


その中でもその後を継ぐ所属タレントが現れず、
イエローキャブの事務所としての実情は火の車だったとも言われています。


複数の関係者によると、28日午後3時20分ごろ、
青山にあるビル4階の事務所内のトイレで、
帯刀孝則氏が首をつっているところを事務所スタッフが発見。


すぐに病院に搬送されたが、死亡が確認されたということです。
警視庁は現場の状況などから自殺を図った可能性があるとみて
調べているそうです。


イエローキャブの広報担当者はこの件について、
「事務所内で倒れた。死因は心筋梗塞」としているそうです。




地井武男さん死去 「ちい散歩」「太陽にほえろ!」 [訃報]

地井武男さんがお亡くなりになられたそうです。


太陽にほえろ!」「北の国から 」「ちい散歩」など、
テレビドラマや映画、バラエティー番組に数多く出演した俳優の
地井武男さんが、本日29日午前7時ごろ、
心不全のため東京都港区の病院で死去されたそうです。


70歳。
葬儀・告別式は近親者で行うということです。


 


地井武男 プロフィール
ちい たけお


1942年(昭17)5月5日生まれ 享年70歳
出身 千葉県


俳優座養成所を経て68年、映画「斬る」でデビュー
以後多数の映画に出演し、テレビドラマ、
「太陽にほえろ」「北の国から」でも個性を発揮する。


バラエティー番組にも進出しテレビ朝日系の紀行番組、
「ちい散歩」は人気番組の1つだった。


今年1月末、急に視野が狭くなったため緊急入院
別の検査で心臓への疾患が見つかり、芸能活動を休止中であった。


 



イエローキャブ社長が自殺…佐藤江梨子 小池栄子ら所属 [訃報]

イエローキャブの社長が死亡したというニュースが報じられました。


佐藤江梨子さんや小池栄子さんら、
巨乳グラビアアイドル出身のタレント女優が所属している芸能事務所、
「イエローキャブ」の帯刀(おびなた)孝則社長が、
昨日の28日午後、東京都港区南青山の事務所内で死亡していたそうです。


関係者によると、首をつって自殺したものとみられるとのこと。


   


イエローキャブは一時期、
巨乳グラビアアイドルで芸能界を席巻した有名事務所。


1980年代から90年代にかけ、社長として辣腕をふるった
野田義治氏がグラドル路線を確立。


堀江しのぶさんに始まり、かとうれいこさん、細川ふみえさん、
雛形あきこさんら、人気グラドルを揃えて、
大手芸能事務所の一角に名乗りを挙げるまでになった。


 イエローキャブ秘蔵ベストセレクション


しかし2004年、経営路線をめぐる対立から野田義治氏が去り、
大半のタレントも野田義治氏に追随。


帯刀孝則氏はイエローキャブ系列の制作会社出身で、
プロデューサーを経て社長に就任。


その後、
イエローキャブは女優路線に転向し、
残った佐藤江梨子さんや、小池栄子さんらが事務所を支えていたそうです。


その中でもその後を継ぐ所属タレントが現れず、
イエローキャブの事務所としての実情は火の車だったとも言われています。


複数の関係者によると、28日午後3時20分ごろ、
青山にあるビル4階の事務所内のトイレで、
帯刀孝則氏が首をつっているところを事務所スタッフが発見。


すぐに病院に搬送されたが、死亡が確認されたということです。
警視庁は現場の状況などから自殺を図った可能性があるとみて
調べているそうです。


イエローキャブの広報担当者はこの件について、
「事務所内で倒れた。死因は心筋梗塞」としているそうです。




地井武男さん死去 「ちい散歩」「太陽にほえろ!」 [訃報]

地井武男さんがお亡くなりになられたそうです。


太陽にほえろ!」「北の国から 」「ちい散歩」など、
テレビドラマや映画、バラエティー番組に数多く出演した俳優の
地井武男さんが、本日29日午前7時ごろ、
心不全のため東京都港区の病院で死去されたそうです。


70歳。
葬儀・告別式は近親者で行うということです。


 


地井武男 プロフィール
ちい たけお


1942年(昭17)5月5日生まれ 享年70歳
出身 千葉県


俳優座養成所を経て68年、映画「斬る」でデビュー
以後多数の映画に出演し、テレビドラマ、
「太陽にほえろ」「北の国から」でも個性を発揮する。


バラエティー番組にも進出しテレビ朝日系の紀行番組、
「ちい散歩」は人気番組の1つだった。


今年1月末、急に視野が狭くなったため緊急入院
別の検査で心臓への疾患が見つかり、芸能活動を休止中であった。


 



新藤兼人監督死去 100歳の大往生 [訃報]

新藤兼人(しんどう かねと)監督がお亡くなりになられました。


先月の4月22日に100歳を迎えていたということで、
まさに大往生で逝かれたようです。


5月29日の午前9時24分、東京都港区赤坂の自宅で、
同居していた孫の風さんにみとられ眠るように、
老衰のため息を引き取られたとのこと。



新藤兼人監督の製作意欲は最後まで衰えなかったようで、
監督賞と作品賞を受賞した昨年2011年12月28日の

日刊スポーツ映画大賞の授賞式後、


「周囲が許せば、もう1本。100歳の映画を撮りたいと思う」


と語っていたそうです。


クマ親子を描く作品と自分の母親を題材にした映画2本を構想していたとか。


昨年の国内映画賞を総なめした
一枚のハガキ」が遺作となりました。


偉大なる日本の名監督、
新藤兼人監督のご冥福をお祈りいたします。


たくさんの名作をありがとうございました。


  


新藤兼人 プロフィール
しんどう かねと


本名 新藤兼登(かねと)


1912年(明45)4月22日生まれ 100歳没
広島県生まれ。


34年に京都・新興キネマ現像部に入り、
シナリオを書き始め、溝口健二監督に師事。


44年に松竹大船撮影所脚本部に移籍。
同年4月に軍に召集され、終戦は宝塚海軍航空隊で迎えた。


50年に松竹退社し、近代映画協会設立。
51年「愛妻物語」で監督デビュー。


代表作は「裸の島」「午後の遺言状」など。


生涯に手掛けた脚本は250本以上。
02年に文化勲章受章。


新藤兼人氏は、
脚本家として評価を高めた50年に松竹を退社。


独立プロの近代映画協会を設立して監督デビュー。


故郷広島を舞台にした52年「原爆の子」で、
戦後初めて原爆を題材にした映画を製作。


ところが同映画以降、ヒットに恵まれず、倒産の危機に立たされた。


大映を退社した乙羽信子さん(享年70)を主演に起用し続け、
「これが最後」のつもりで製作費500万円の「裸の島」を撮影。


60年に公開すると、モスクワ国際映画祭でグランプリを獲得。


各国から買い付けが相次ぎ、借金を返済した。


前妻が亡くなった後の78年、
資金集めなども含め苦楽をともにした乙羽さんと結婚。


周囲に「最高の女優」と語るおしどり夫婦だった。




新藤兼人監督死去 100歳の大往生 [訃報]

新藤兼人(しんどう かねと)監督がお亡くなりになられました。


先月の4月22日に100歳を迎えていたということで、
まさに大往生で逝かれたようです。


5月29日の午前9時24分、東京都港区赤坂の自宅で、
同居していた孫の風さんにみとられ眠るように、
老衰のため息を引き取られたとのこと。



新藤兼人監督の製作意欲は最後まで衰えなかったようで、
監督賞と作品賞を受賞した昨年2011年12月28日の

日刊スポーツ映画大賞の授賞式後、


「周囲が許せば、もう1本。100歳の映画を撮りたいと思う」


と語っていたそうです。


クマ親子を描く作品と自分の母親を題材にした映画2本を構想していたとか。


昨年の国内映画賞を総なめした
一枚のハガキ」が遺作となりました。


偉大なる日本の名監督、
新藤兼人監督のご冥福をお祈りいたします。


たくさんの名作をありがとうございました。


  


新藤兼人 プロフィール
しんどう かねと


本名 新藤兼登(かねと)


1912年(明45)4月22日生まれ 100歳没
広島県生まれ。


34年に京都・新興キネマ現像部に入り、
シナリオを書き始め、溝口健二監督に師事。


44年に松竹大船撮影所脚本部に移籍。
同年4月に軍に召集され、終戦は宝塚海軍航空隊で迎えた。


50年に松竹退社し、近代映画協会設立。
51年「愛妻物語」で監督デビュー。


代表作は「裸の島」「午後の遺言状」など。


生涯に手掛けた脚本は250本以上。
02年に文化勲章受章。


新藤兼人氏は、
脚本家として評価を高めた50年に松竹を退社。


独立プロの近代映画協会を設立して監督デビュー。


故郷広島を舞台にした52年「原爆の子」で、
戦後初めて原爆を題材にした映画を製作。


ところが同映画以降、ヒットに恵まれず、倒産の危機に立たされた。


大映を退社した乙羽信子さん(享年70)を主演に起用し続け、
「これが最後」のつもりで製作費500万円の「裸の島」を撮影。


60年に公開すると、モスクワ国際映画祭でグランプリを獲得。


各国から買い付けが相次ぎ、借金を返済した。


前妻が亡くなった後の78年、
資金集めなども含め苦楽をともにした乙羽さんと結婚。


周囲に「最高の女優」と語るおしどり夫婦だった。




この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。