So-net無料ブログ作成

おしげりなましとは 「JIN‐仁‐」用語解説 [JIN‐仁‐]

おしげりなましとは:
現代においては、「しっぽり」などが近い表現と思われる花魁言葉。
つまり、長時間男女が潤うような性交を行うこと。
吉原にて、「どうぞ、ごゆっくりお楽しみください」という意味合いで使われる。

 

図解吉原遊廓花魁の秘密


12月28日放送の
JIN‐仁‐」レジェンド』(TBS系 後7・00)では、
吉原で、仁が「おしげりなまし」と言われます…。

 

「野風は、あちらの部屋におりんす。 では、おしげりなまし。」
「おしげり??」

 

 

 


新門辰五郎とは 「JIN‐仁‐」用語解説 [JIN‐仁‐]

新門辰五郎とは:
しんもんたつごろう
実在の人物。
江戸時代後期の町火消。

 

 


12月28日放送の
JIN‐仁‐」レジェンド』(TBS系 後7・00)では、
実在の人物である新門辰五郎が、
江戸火消し「を組」を束ねる人物として登場します。

新門辰五郎を演じるのは中村敦夫さんですが、
当初は藤田まことさんが演じる予定だったとのこと。
藤田まことさんが肺疾患で降板が決まったため、中村敦夫さん演じることとなる。

 

 

 


緒方洪庵とは 「JIN‐仁‐」用語解説 [JIN‐仁‐]

緒方洪庵とは
実在の人物。
1810年8月13日~1863年7月25日
岡山市北区足守で生まれる。
28歳で大坂へ戻り医業を開業。大坂に蘭学塾 「適々斎塾 (適塾) 」を開く。
52歳で、労咳(肺結核)により死去。

 

 


12月27日放送の
JIN‐仁‐」レジェンド』(TBS系 後7・00)では、
この実在の人物である緒方洪庵が、西洋医学所頭取として登場します。

緒方洪庵役を演じるのは、武田鉄矢さん。

緒方洪庵は、仁を「未来から来た人間ではないか…?」と、半ば見抜いていて、
亡くなる間際、誰にも知られぬ形で、仁にその真実を訊ねます。

 

 

 


バタフライ・エフェクトとは 「JIN‐仁‐」用語解説 [JIN‐仁‐]

バタフライ・エフェクトとは:
バタフライ効果とも呼ばれ、
ある場所での蝶の羽ばたきが、そこから離れた場所の将来の天候に影響を及ぼすということを指す。


「北京で蝶が羽ばたくと、ニューヨークで嵐が起こる」といった表現で使われることもある。

日本においても同様な表現に、
「風が吹くと桶屋が儲かる」といった話し方がよくされる。
 

12月27日放送の
JIN‐仁‐」レジェンド』(TBS系 後7・00)では、
バタフライ・エフェクトの話がたとえ話で出てきます。

「蝶のはばたきが、地球の裏側で台風を引き起こす」

仁(大沢たかお)は、つまり、
自分の手術によって歴史を変えてしまっているのでは…と思い始め、葛藤するのです。

 

死ぬはずだった人を生かすという事は
その人の運命を変えるという事かもしれない。

 

それは生きるはずだった人を殺すという事かもしれない。

 

俺は今、ここで消えてしまうべきかもしれない…、と。

 

 

 


通仙散とは 「JIN‐仁‐」用語解説 [JIN‐仁‐]

通仙散とは
江戸時代の人々は癌(ガン)のことを岩(いわ)と呼んでいました。


女性の乳に出来る癌を“乳の岩”と呼び、その乳の岩と麻酔薬の両方を研究していたのが、
華岡青洲という外科医です。


『通仙散(つうせんさん)』とは、非常に深く眠れる全身麻酔薬のことで、
当時は、エーテルなど効き目の薄い麻酔薬はすでにあったが、長時間効果を発揮するものはまだ開発されていなかった。


華岡青洲は、そんな時代に全身麻酔薬である通仙散の開発に成功。


しかし、この通仙散は、主にトリカブトの成分を配合したものであり、
少しでも使い方を誤ると死に至るような非常に危険なものであった。


そのため、毒として用いられることを恐れた華岡青洲とその弟子らは、
その配合を秘伝にしていたといわれる。

 

まんが科学偉人伝

 

 

12月28日放送の
JIN‐仁‐」レジェンド』(TBS系 後7・00)では、
野風(中谷美紀)の乳癌の手術を行うのに、仁(大沢たかお)は、
通仙散が必要となります。

佐分利祐輔(桐谷健太)は自分の事を、
華岡青洲の跡目・修平(鷺洲)から免許を授かり、
通仙散(麻酔薬)まで頂いた身分だと明かします‥。

 

 

 


ヤマサとは 「JIN‐仁‐」用語解説 [JIN‐仁‐]

ヤマサとは
醤油メーカー。
初代は濱口儀兵衛氏で、
江戸で醤油工場(現ヤマサ醤油)を経営する実業家であった。

 

 

12月28日放送の
JIN‐仁‐」レジェンド』(TBS系 後7・00)では、
新たなペニシリン生産をする場として、ヤマサの醤油蔵が出てきます。
現在も活躍しているあの醤油のヤマサです。
石丸謙二郎さん演じる濱口儀兵衛も実在する人物です。
史実においても、日本の医療発展に多大な財政的貢献をした人物で、
ドラマの中では、緒方洪庵の遺志を継ぎ、
醤油倉を使って醤油職人にペニシリン精製をさせるなど仁に協力します。
「JIN‐仁‐」の本放送時、ヤマサ醤油のHPがドラマの影響でサーバーダウンしたことがありました。

 

 

 


おしげりなましとは 「JIN‐仁‐」用語解説 [JIN‐仁‐]

おしげりなましとは:
現代においては、「しっぽり」などが近い表現と思われる花魁言葉。
つまり、長時間男女が潤うような性交を行うこと。
吉原にて、「どうぞ、ごゆっくりお楽しみください」という意味合いで使われる。

 

図解吉原遊廓花魁の秘密


12月28日放送の
JIN‐仁‐」レジェンド』(TBS系 後7・00)では、
吉原で、仁が「おしげりなまし」と言われます…。

 

「野風は、あちらの部屋におりんす。 では、おしげりなまし。」
「おしげり??」

 

 

 


緒方洪庵とは 「JIN‐仁‐」用語解説 [JIN‐仁‐]

緒方洪庵とは
実在の人物。
1810年8月13日~1863年7月25日
岡山市北区足守で生まれる。
28歳で大坂へ戻り医業を開業。大坂に蘭学塾 「適々斎塾 (適塾) 」を開く。
52歳で、労咳(肺結核)により死去。

 

 


12月27日放送の
JIN‐仁‐」レジェンド』(TBS系 後7・00)では、
この実在の人物である緒方洪庵が、西洋医学所頭取として登場します。

緒方洪庵役を演じるのは、武田鉄矢さん。

緒方洪庵は、仁を「未来から来た人間ではないか…?」と、半ば見抜いていて、
亡くなる間際、誰にも知られぬ形で、仁にその真実を訊ねます。

 

 

 


バタフライ・エフェクトとは 「JIN‐仁‐」用語解説 [JIN‐仁‐]

バタフライ・エフェクトとは:
バタフライ効果とも呼ばれ、
ある場所での蝶の羽ばたきが、そこから離れた場所の将来の天候に影響を及ぼすということを指す。


「北京で蝶が羽ばたくと、ニューヨークで嵐が起こる」といった表現で使われることもある。

日本においても同様な表現に、
「風が吹くと桶屋が儲かる」といった話し方がよくされる。
 

12月27日放送の
JIN‐仁‐」レジェンド』(TBS系 後7・00)では、
バタフライ・エフェクトの話がたとえ話で出てきます。

「蝶のはばたきが、地球の裏側で台風を引き起こす」

仁(大沢たかお)は、つまり、
自分の手術によって歴史を変えてしまっているのでは…と思い始め、葛藤するのです。

 

死ぬはずだった人を生かすという事は
その人の運命を変えるという事かもしれない。

 

それは生きるはずだった人を殺すという事かもしれない。

 

俺は今、ここで消えてしまうべきかもしれない…、と。

 

 

 


通仙散とは 「JIN‐仁‐」用語解説 [JIN‐仁‐]

通仙散とは
江戸時代の人々は癌(ガン)のことを岩(いわ)と呼んでいました。


女性の乳に出来る癌を“乳の岩”と呼び、その乳の岩と麻酔薬の両方を研究していたのが、
華岡青洲という外科医です。


『通仙散(つうせんさん)』とは、非常に深く眠れる全身麻酔薬のことで、
当時は、エーテルなど効き目の薄い麻酔薬はすでにあったが、長時間効果を発揮するものはまだ開発されていなかった。


華岡青洲は、そんな時代に全身麻酔薬である通仙散の開発に成功。


しかし、この通仙散は、主にトリカブトの成分を配合したものであり、
少しでも使い方を誤ると死に至るような非常に危険なものであった。


そのため、毒として用いられることを恐れた華岡青洲とその弟子らは、
その配合を秘伝にしていたといわれる。

 

まんが科学偉人伝

 

 

12月28日放送の
JIN‐仁‐」レジェンド』(TBS系 後7・00)では、
野風(中谷美紀)の乳癌の手術を行うのに、仁(大沢たかお)は、
通仙散が必要となります。

佐分利祐輔(桐谷健太)は自分の事を、
華岡青洲の跡目・修平(鷺洲)から免許を授かり、
通仙散(麻酔薬)まで頂いた身分だと明かします‥。

 

 

 


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。