So-net無料ブログ作成
オススメ度 星4つ ブログトップ
前の10件 | 次の10件

サンクタム 感想 [オススメ度 星4つ]

サンクタムを映画館で観てまいりました♪




タイタニック」や「アバター」を手がけた
ジェームズ・キャメロンが製作総指揮をしているということで、

期待をして映画館へ足を運んだわけですが、


良い意味で裏切られました♪


未知の洞窟からの脱出劇、迫り来る大量の水との闘い…、


そんな設定が3D映像で観られるということなので、

アクションを中心としたハラハラドキドキの派手な作品なのかと思っていたら、


意外とその根底にあるのは、

人間の弱さやはかなさ、そして、

主人公の青年、ジョシュと、父、フランクとの親子愛を描き出す、

精神的な映画でした…♪


もちろん、

アドベンチャームービーとしての迫力も充分盛り込まれていて、

それだけでも楽しめる作品ですが、


むしろ見どころは、

主人公・ジョシュの心の成長といったところでしょうか…。


迫り来る大量の水に翻弄されるアクションシーンと、

その中で見つける洞窟の異様な静けさ…、


その対比も映画ならではの味わいを感じさせてくれました♪


まさに聖域<サンクタム>を、

映画館にいながらにして味わえるのは、映画の醍醐味といったところだと思います。


当初、4月22日に公開予定だったこの作品「サンクタム」ですが、

やはり、水に襲われるシーンの表現が、

3月11日に発生した東日本大震災の津波被害を連想されるとして、

公開が延期されておりました。


震災後半年経って日本では、9月16日に公開が始まったわけですが、

たしかにこの作品を見るかぎり、直接の被災者、及び、日本人には、

見ていて辛い思い出が蘇ることもあるかもしれません…。


しかし、この「サンクタム」の中には、


「最後まであきらめない」

「どんな状況になっても生き続ける!」


といった強いメッセージも含まれていました。


被災者の方々におかれましては、

少し気持ちの整理が落ち着いた段階になってきたら、

観てみるのもよいかな、と感じました。


以上、

「サンクタム」を映画館で観た感想でした☆


評価は、星5点満点中、4つです♪


★★★★☆



サンクタム 感想 [オススメ度 星4つ]

サンクタムを映画館で観てまいりました♪




タイタニック」や「アバター」を手がけた
ジェームズ・キャメロンが製作総指揮をしているということで、

期待をして映画館へ足を運んだわけですが、


良い意味で裏切られました♪


未知の洞窟からの脱出劇、迫り来る大量の水との闘い…、


そんな設定が3D映像で観られるということなので、

アクションを中心としたハラハラドキドキの派手な作品なのかと思っていたら、


意外とその根底にあるのは、

人間の弱さやはかなさ、そして、

主人公の青年、ジョシュと、父、フランクとの親子愛を描き出す、

精神的な映画でした…♪


もちろん、

アドベンチャームービーとしての迫力も充分盛り込まれていて、

それだけでも楽しめる作品ですが、


むしろ見どころは、

主人公・ジョシュの心の成長といったところでしょうか…。


迫り来る大量の水に翻弄されるアクションシーンと、

その中で見つける洞窟の異様な静けさ…、


その対比も映画ならではの味わいを感じさせてくれました♪


まさに聖域<サンクタム>を、

映画館にいながらにして味わえるのは、映画の醍醐味といったところだと思います。


当初、4月22日に公開予定だったこの作品「サンクタム」ですが、

やはり、水に襲われるシーンの表現が、

3月11日に発生した東日本大震災の津波被害を連想されるとして、

公開が延期されておりました。


震災後半年経って日本では、9月16日に公開が始まったわけですが、

たしかにこの作品を見るかぎり、直接の被災者、及び、日本人には、

見ていて辛い思い出が蘇ることもあるかもしれません…。


しかし、この「サンクタム」の中には、


「最後まであきらめない」

「どんな状況になっても生き続ける!」


といった強いメッセージも含まれていました。


被災者の方々におかれましては、

少し気持ちの整理が落ち着いた段階になってきたら、

観てみるのもよいかな、と感じました。


以上、

「サンクタム」を映画館で観た感想でした☆


評価は、星5点満点中、4つです♪


★★★★☆



プラダを着た悪魔 感想 [オススメ度 星4つ]

プラダを着た悪魔」が、

日曜洋画劇場で放映されていたので観ました♪

 

 

あらすじ

 

大学を卒業し、
ジャーナリストを目指してニューヨークにやって来たアンディ(ハサウェー)は、
一流ファッション誌の編集長、ミランダ(ストリープ)のアシスタントになる。

 

おしゃれに疎いアンディは、
それが次へのステップになればという程度に考えていた。

 

だがファッション界のカリスマであるミランダから
次々と理不尽な命令を下され、
アンディの私生活はめちゃくちゃに。

 

恋人のネイト(エイドリアン・グレニアー)とも擦れ違いが続き、
くじけそうになる。

 

このジャーナリスト志望の若い女性というのが、

アン・ハサウェイ演じる主人公のアンドレア・サックスです。

 


ストーリーにこれといったインパクトはないですが、

アン・ハサウェイがとにかく魅力的ですね!

 

メリル・ストリープ演じる編集長の無茶な指令を、

一生懸命こなそうとする姿がまた応援したくなるんです…(笑)。

 

ヴォーグ誌の編集長・アナ・ウィンターのアシスタントとして働いていた
ローレン・ワイズバーガー自身による同名小説が原作だとか…。

 

 

 

声の出演

メリル・ストリープ (夏木マリ)
アン・ハサウェイ(小林沙苗)

 

ということで、この、

「プラダを着た悪魔」の評価は、5点満点中、

星4つで~す♪

 

☆☆☆☆★

 

 

 


さらば愛しの大統領 感想 [オススメ度 星4つ]

さらば愛しの大統領」を観てきましたので、感想です♪

 

いや~、冒頭から笑わせてくれる映画です♪(笑)

 

あらすじは、

 

大阪府知事に当選した世界のナベアツが、大阪の独立国家宣言を目指し、

大阪合衆国初代大統領に就任。

そんな世界のナベアツに暗殺予告が届き、

大阪府警捜査一課のアホコンビ、早川刑事(宮川大輔)と番場刑事(ケンドーコバヤシ)が、

捜査に乗り出す…。

 

 

というものですが、

 

もうひとことで言うと、

 

くだらなすぎて面白い!(笑)

 

1分に一回くらいのペースで笑いどころが詰め込まれてるので、

ホントに楽しい映画です♪

 

一応ストーリーはきちんと進んでるように見えますが、

ギャグがあちらこちらに詰め込まれてて、話が進んでるんだか進んでないんだか、

もうどうでも良くなってきます(笑)。

楽しければいいや、…みたいな(笑)。

 

共演してる役者さんは、芸人さんたちが多いのですが、

その中で、真面目な役者さんがすっと出てくるので、

いい意味で浮くのです♪

 

ヒットマン役の仲村トオルさんなど、

普段からもちろんかっこいいですが、

この「さらば愛しの大統領」の中の仲村トオルさんは、なおさらかっこ良く見えます♪(笑)

 

同じく殺し屋役の大杉漣さんにいたっては、ギャグをやらされてますし…(笑)。

 

前田吟さんも、細かな笑いを取ってましたよ(笑)。

 

全体的に言うと、あっという間に時間が過ぎていってかなり満足して笑えますが、

笑いのレベルが、最初から最後まで一緒という感じはしました…。

 

冒頭の下ネタギャグから大爆笑させてもらったので、

 

「これは後半につれて相当笑わしてくれるだろ~♪」

 

と思いながら観てたのですが、

後半も、冒頭の爆笑レベルを維持したまま、同じ調子の笑いがずっと続く感じでしたね~。

 

そんなわけで、

 

「さらば愛しの大統領」、

 

私のオススメ度は、5点満点中、星4つで~す♪

★★★★☆

 

 

 


さらば愛しの大統領 感想 [オススメ度 星4つ]

さらば愛しの大統領」を観てきましたので、感想です♪

 

いや~、冒頭から笑わせてくれる映画です♪(笑)

 

あらすじは、

 

大阪府知事に当選した世界のナベアツが、大阪の独立国家宣言を目指し、

大阪合衆国初代大統領に就任。

そんな世界のナベアツに暗殺予告が届き、

大阪府警捜査一課のアホコンビ、早川刑事(宮川大輔)と番場刑事(ケンドーコバヤシ)が、

捜査に乗り出す…。

 

 

というものですが、

 

もうひとことで言うと、

 

くだらなすぎて面白い!(笑)

 

1分に一回くらいのペースで笑いどころが詰め込まれてるので、

ホントに楽しい映画です♪

 

一応ストーリーはきちんと進んでるように見えますが、

ギャグがあちらこちらに詰め込まれてて、話が進んでるんだか進んでないんだか、

もうどうでも良くなってきます(笑)。

楽しければいいや、…みたいな(笑)。

 

共演してる役者さんは、芸人さんたちが多いのですが、

その中で、真面目な役者さんがすっと出てくるので、

いい意味で浮くのです♪

 

ヒットマン役の仲村トオルさんなど、

普段からもちろんかっこいいですが、

この「さらば愛しの大統領」の中の仲村トオルさんは、なおさらかっこ良く見えます♪(笑)

 

同じく殺し屋役の大杉漣さんにいたっては、ギャグをやらされてますし…(笑)。

 

前田吟さんも、細かな笑いを取ってましたよ(笑)。

 

全体的に言うと、あっという間に時間が過ぎていってかなり満足して笑えますが、

笑いのレベルが、最初から最後まで一緒という感じはしました…。

 

冒頭の下ネタギャグから大爆笑させてもらったので、

 

「これは後半につれて相当笑わしてくれるだろ~♪」

 

と思いながら観てたのですが、

後半も、冒頭の爆笑レベルを維持したまま、同じ調子の笑いがずっと続く感じでしたね~。

 

そんなわけで、

 

「さらば愛しの大統領」、

 

私のオススメ度は、5点満点中、星4つで~す♪

★★★★☆

 

 

 


さらば愛しの大統領 感想 [オススメ度 星4つ]

さらば愛しの大統領」を観てきましたので、感想です♪

 

いや~、冒頭から笑わせてくれる映画です♪(笑)

 

あらすじは、

 

大阪府知事に当選した世界のナベアツが、大阪の独立国家宣言を目指し、

大阪合衆国初代大統領に就任。

そんな世界のナベアツに暗殺予告が届き、

大阪府警捜査一課のアホコンビ、早川刑事(宮川大輔)と番場刑事(ケンドーコバヤシ)が、

捜査に乗り出す…。

 

 

というものですが、

 

もうひとことで言うと、

 

くだらなすぎて面白い!(笑)

 

1分に一回くらいのペースで笑いどころが詰め込まれてるので、

ホントに楽しい映画です♪

 

一応ストーリーはきちんと進んでるように見えますが、

ギャグがあちらこちらに詰め込まれてて、話が進んでるんだか進んでないんだか、

もうどうでも良くなってきます(笑)。

楽しければいいや、…みたいな(笑)。

 

共演してる役者さんは、芸人さんたちが多いのですが、

その中で、真面目な役者さんがすっと出てくるので、

いい意味で浮くのです♪

 

ヒットマン役の仲村トオルさんなど、

普段からもちろんかっこいいですが、

この「さらば愛しの大統領」の中の仲村トオルさんは、なおさらかっこ良く見えます♪(笑)

 

同じく殺し屋役の大杉漣さんにいたっては、ギャグをやらされてますし…(笑)。

 

前田吟さんも、細かな笑いを取ってましたよ(笑)。

 

全体的に言うと、あっという間に時間が過ぎていってかなり満足して笑えますが、

笑いのレベルが、最初から最後まで一緒という感じはしました…。

 

冒頭の下ネタギャグから大爆笑させてもらったので、

 

「これは後半につれて相当笑わしてくれるだろ~♪」

 

と思いながら観てたのですが、

後半も、冒頭の爆笑レベルを維持したまま、同じ調子の笑いがずっと続く感じでしたね~。

 

そんなわけで、

 

「さらば愛しの大統領」、

 

私のオススメ度は、5点満点中、星4つで~す♪

★★★★☆

 

 

 


さらば愛しの大統領 感想 [オススメ度 星4つ]

さらば愛しの大統領」を観てきましたので、感想です♪

 

いや~、冒頭から笑わせてくれる映画です♪(笑)

 

あらすじは、

 

大阪府知事に当選した世界のナベアツが、大阪の独立国家宣言を目指し、

大阪合衆国初代大統領に就任。

そんな世界のナベアツに暗殺予告が届き、

大阪府警捜査一課のアホコンビ、早川刑事(宮川大輔)と番場刑事(ケンドーコバヤシ)が、

捜査に乗り出す…。

 

 

というものですが、

 

もうひとことで言うと、

 

くだらなすぎて面白い!(笑)

 

1分に一回くらいのペースで笑いどころが詰め込まれてるので、

ホントに楽しい映画です♪

 

一応ストーリーはきちんと進んでるように見えますが、

ギャグがあちらこちらに詰め込まれてて、話が進んでるんだか進んでないんだか、

もうどうでも良くなってきます(笑)。

楽しければいいや、…みたいな(笑)。

 

共演してる役者さんは、芸人さんたちが多いのですが、

その中で、真面目な役者さんがすっと出てくるので、

いい意味で浮くのです♪

 

ヒットマン役の仲村トオルさんなど、

普段からもちろんかっこいいですが、

この「さらば愛しの大統領」の中の仲村トオルさんは、なおさらかっこ良く見えます♪(笑)

 

同じく殺し屋役の大杉漣さんにいたっては、ギャグをやらされてますし…(笑)。

 

前田吟さんも、細かな笑いを取ってましたよ(笑)。

 

全体的に言うと、あっという間に時間が過ぎていってかなり満足して笑えますが、

笑いのレベルが、最初から最後まで一緒という感じはしました…。

 

冒頭の下ネタギャグから大爆笑させてもらったので、

 

「これは後半につれて相当笑わしてくれるだろ~♪」

 

と思いながら観てたのですが、

後半も、冒頭の爆笑レベルを維持したまま、同じ調子の笑いがずっと続く感じでしたね~。

 

そんなわけで、

 

「さらば愛しの大統領」、

 

私のオススメ度は、5点満点中、星4つで~す♪

★★★★☆

 

 

 


さらば愛しの大統領 感想 [オススメ度 星4つ]

さらば愛しの大統領」を観てきましたので、感想です♪

 

いや~、冒頭から笑わせてくれる映画です♪(笑)

 

あらすじは、

 

大阪府知事に当選した世界のナベアツが、大阪の独立国家宣言を目指し、

大阪合衆国初代大統領に就任。

そんな世界のナベアツに暗殺予告が届き、

大阪府警捜査一課のアホコンビ、早川刑事(宮川大輔)と番場刑事(ケンドーコバヤシ)が、

捜査に乗り出す…。

 

 

というものですが、

 

もうひとことで言うと、

 

くだらなすぎて面白い!(笑)

 

1分に一回くらいのペースで笑いどころが詰め込まれてるので、

ホントに楽しい映画です♪

 

一応ストーリーはきちんと進んでるように見えますが、

ギャグがあちらこちらに詰め込まれてて、話が進んでるんだか進んでないんだか、

もうどうでも良くなってきます(笑)。

楽しければいいや、…みたいな(笑)。

 

共演してる役者さんは、芸人さんたちが多いのですが、

その中で、真面目な役者さんがすっと出てくるので、

いい意味で浮くのです♪

 

ヒットマン役の仲村トオルさんなど、

普段からもちろんかっこいいですが、

この「さらば愛しの大統領」の中の仲村トオルさんは、なおさらかっこ良く見えます♪(笑)

 

同じく殺し屋役の大杉漣さんにいたっては、ギャグをやらされてますし…(笑)。

 

前田吟さんも、細かな笑いを取ってましたよ(笑)。

 

全体的に言うと、あっという間に時間が過ぎていってかなり満足して笑えますが、

笑いのレベルが、最初から最後まで一緒という感じはしました…。

 

冒頭の下ネタギャグから大爆笑させてもらったので、

 

「これは後半につれて相当笑わしてくれるだろ~♪」

 

と思いながら観てたのですが、

後半も、冒頭の爆笑レベルを維持したまま、同じ調子の笑いがずっと続く感じでしたね~。

 

そんなわけで、

 

「さらば愛しの大統領」、

 

私のオススメ度は、5点満点中、星4つで~す♪

★★★★☆

 

 

 


THE LAST MESSAGE 海猿 3D版 [オススメ度 星4つ]

劇場版「海猿」の第3作目、


THE LAST MESSAGE 海猿3D版を映画館で観て来ました♪


邦画大作史上初の3D作品ということで期待もしながらの鑑賞です♪


まず最初、東宝のマークから3Dでしたねー!(笑)

なんかこれだけでこれからの本編、見る気満々になってきます(笑)。


さてその3Dですが、この作品思ったほど3Dきつくなかったです。

なんか緩めでした。


きついとかゆるいとか、この表現じゃちょっと意味が伝わりにくいですね(笑)。


要するに、めまいを起こすほどの奥行き感や飛び出す効果は抑えられてるような気がしました。

やっぱり「トイ・ストーリー3」や「ガフールの伝説」のようなCG作品とは元々の質が違うんでしょうかね~?

しっかり立体的には見えるんですが、他のCG作品ほどわかりやすくはなく、最初から物凄く自然に見られました。


この「海猿3」を観てる最中、時々3Dメガネを外して肉眼でスクリーンを見てみましたが、3Dメガネがなくても普通に見られるシーンがいくつもありましたし。


3D作品初体験で「3Dだと酔っちゃうかもしれない」と心配していた私の知り合いがこの「海猿3」の3D版を観たのですが、


「全然大丈夫だった♪」


って言ってましたよ。


さて本編の方の感想ですが、いや~、やっぱり今回も迫力ありましたねー!


仙崎(伊藤英明)、相変わらず今回も、


「お前にチェックイーーーーーーン!」


って叫んでます(笑)。


そして仙崎のバディ、吉岡(佐藤隆太)は今回、危険度低めで前作に比べて安全圏にいられるのですが(前作はごくろうさまーでしたからね~)、その代わり今回実質的に仙崎のバディとなるのは、潜水士暦2年の服部(三浦翔平)です。


イケメン俳優・三浦翔平さん演じるこの服部がまたイイっ♪


救難士でありながら、人間の弱い部分、恐怖心を隠しきれずに情けない部分が描かれて、決してスーパーマンではないのです。


そんな人間が、実際の現場においてどのように成長していくのか、思わず感情移入せずに観ることが出来ないのです!


そしてそんな人間たちが最後に支えとなるもの、それがなにかを問いかける熱い作品になっております。


仙崎たちの救出シーンはあいかわらず迫力満点で、まさに今回も映画向きですね!


もう水の量や勢いが半端じゃないですもん!(笑)


この迫力はぜひ劇場で味わってほしいと思います♪


この「THE LAST MESSAGE 海猿 3D版」、

私の評価は、オススメ度星4つで~す♪

★★★★☆


BECK [オススメ度 星4つ]

水嶋ヒロさん、佐藤健さん出演の青春音楽映画、


「BECK」を観てまいりました♪


こちらの作品、ハロルド作石先生による漫画が原作ということですが、


私はこの漫画全然読んでない状態で映画を観にいきました。


特に音楽好きというわけでもありません。


そんな私が観ても、充分満足できる作品でした♪


“商業主義に流されずに、本当に心が震える音楽を追い求める熱い思い”


この作品が描くそんなテーマは、おそらく人が生きていく中で、どんな世界に似たものがあるような気がしますよね。


だからこそ、この作品が音楽を取り上げた作品でも、どんな人の心にも訴える力があるんではないかと思います。


まあむずかしいテーマは置いておいてもですね、


たとえば女性陣にとっては、この映画に出演しているイケメンたちを見ているだけでも大満足なのではないでしょうか?


NHK朝の連ドラ「ゲゲゲの女房」に出演してさらに人気を増した只今一番の旬の俳優さん、向井理さんなんか上半身裸のシーンが何度か出てきますしね~(笑)。


映画全体の内容的にも、やはり原作が漫画だけあって、キャラがすごく立っている感じです。


どの登場人物もハチャメチャながら魅力があるキャラばかりです♪


その他にも、各シーンで演出のセンスが光ってるな~なんて思うシーンが多々あり、

映画化しただけの価値は充分感じました。

って、原作読んでないで言ってますけど(笑)。


音楽わからなくても、原作読んでなくても、

見終わるとしっかり満足感が得られる映画だと感じました。


それでも、音楽があまり好きではないという人もいるかもしれないので、万人ウケするかというと疑問もありますので、


私の評価は、5点満点中、星4つで~す。

★★★★☆


前の10件 | 次の10件 オススメ度 星4つ ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。