So-net無料ブログ作成
検索選択
オススメ度 星4つ ブログトップ
前の10件 | -

「虹色ほたる ~永遠の夏休み~」感想 [オススメ度 星4つ]

虹色ほたる ~永遠の夏休み~」を映画館で観てきました♪

東映アニメーションによる劇場用作品です。

原作は、ウェブサイトでの連載が人気を呼び出版された
川口雅幸氏による小説。

 

絵柄がシンプルなので、
小さなお子さんが楽しめるような作品かと想像して観てみたら、
人間性の内面に迫るようなテーマが盛り込まれ、
意外と大人向けな内容の作品でした。

まるで絵コンテの絵をそのまま拡大コピーしたような、
そしてほとんど肌に影もついてないような、
一見あっさりし過ぎなキャラクターの作画が印象的でありますが、
レイアウトがしっかりされているせいか、
劇場のおおきなスクリーンでも耐えられる画面構成になっているのは、
さすがだと思いました!

共に過ごす時間の大切さや素晴らしさや、死生観など、
テレビ作品では作りにくそうな繊細なテーマが盛り込まれ、
映画でしか作れない、まさに映画らしい映画、
といった作品ではないかと思います。

物語も後半は一気に気持ちが盛り上がり、
観終わった後もいつまでも感動が胸に残った良い作品でした。

全体的な評価は、

星4つ ★★★★☆

と、させていただきます☆



虹色ほたる ~永遠の夏休み~」 ストーリー

夏休みに入り、小学校6年生のユウタは、
一人でダムのそばの山里に昆虫採集にやって来る。

そこは交通事故で亡くなった父親と
よくカブトムシを探しに来た二人の思い出の場所で、
彼はそこで不思議な老人と出会い飲み物を分け与える。

やがてユウタは突然の豪雨で足をすくわれ意識を失い、
目を覚ますと30年以上前の村にタイムスリップしていた…。

虹色ほたる ~永遠の夏休み~ 解説と感想

映画館で見たい映画


「虹色ほたる ~永遠の夏休み~」感想 [オススメ度 星4つ]

虹色ほたる ~永遠の夏休み~」を映画館で観てきました♪

東映アニメーションによる劇場用作品です。

原作は、ウェブサイトでの連載が人気を呼び出版された
川口雅幸氏による小説。

 

絵柄がシンプルなので、
小さなお子さんが楽しめるような作品かと想像して観てみたら、
人間性の内面に迫るようなテーマが盛り込まれ、
意外と大人向けな内容の作品でした。

まるで絵コンテの絵をそのまま拡大コピーしたような、
そしてほとんど肌に影もついてないような、
一見あっさりし過ぎなキャラクターの作画が印象的でありますが、
レイアウトがしっかりされているせいか、
劇場のおおきなスクリーンでも耐えられる画面構成になっているのは、
さすがだと思いました!

共に過ごす時間の大切さや素晴らしさや、死生観など、
テレビ作品では作りにくそうな繊細なテーマが盛り込まれ、
映画でしか作れない、まさに映画らしい映画、
といった作品ではないかと思います。

物語も後半は一気に気持ちが盛り上がり、
観終わった後もいつまでも感動が胸に残った良い作品でした。

全体的な評価は、

星4つ ★★★★☆

と、させていただきます☆



虹色ほたる ~永遠の夏休み~」 ストーリー

夏休みに入り、小学校6年生のユウタは、
一人でダムのそばの山里に昆虫採集にやって来る。

そこは交通事故で亡くなった父親と
よくカブトムシを探しに来た二人の思い出の場所で、
彼はそこで不思議な老人と出会い飲み物を分け与える。

やがてユウタは突然の豪雨で足をすくわれ意識を失い、
目を覚ますと30年以上前の村にタイムスリップしていた…。

虹色ほたる ~永遠の夏休み~ 解説と感想

映画館で見たい映画


世界侵略:ロサンゼルス決戦 感想 [オススメ度 星4つ]

世界侵略:ロサンゼルス決戦」を映画館で観てきました♪




地球を植民地化しようとするエイリアンが世界中を攻撃し始め、

パニックの中、民間人の救出作戦を遂行する

ロサンゼルス海兵隊の小隊の姿を描いた作品です。


エイリアンとの戦いといえども、

シガニー・ウィーバー主演のエイリアンシリーズのような、

ホラーサスペンス的な要素はほとんど無く、


どちらかというと臨場感あふれる戦争映画といった感じに仕上がっている作品です。


それがかえってリアルさを生んでて良い感じでした♪


エイリアンに立ち向かう海兵隊に、

特殊な能力を持ったヒーローが登場するわけでもなく、

あくまでもそこで行われているのは、

相手がエイリアンであろうと、

国同士の戦争で行われるものと同じ軍事行動…。


最初から最後まで戦いっぱなしの展開で、

多少、体を休めるシーンはあっても、

そこで安っぽい恋愛ドラマが描かれたりすることもなく、

リアルな感じで戦場の様子が描かれます。


明日にで地球外生命体が地球にやってきたら、

おそらくこんな感じで世界の軍隊は行動を起こすのではないだろうか…、


とリアルに想像させる臨場感あふれる映画でした♪


作品全体の評価は、


星4つ ★★★★☆

とさせていただきます♪


世界侵略:ロサンゼルス決戦 感想 [オススメ度 星4つ]

世界侵略:ロサンゼルス決戦」を映画館で観てきました♪




地球を植民地化しようとするエイリアンが世界中を攻撃し始め、

パニックの中、民間人の救出作戦を遂行する

ロサンゼルス海兵隊の小隊の姿を描いた作品です。


エイリアンとの戦いといえども、

シガニー・ウィーバー主演のエイリアンシリーズのような、

ホラーサスペンス的な要素はほとんど無く、


どちらかというと臨場感あふれる戦争映画といった感じに仕上がっている作品です。


それがかえってリアルさを生んでて良い感じでした♪


エイリアンに立ち向かう海兵隊に、

特殊な能力を持ったヒーローが登場するわけでもなく、

あくまでもそこで行われているのは、

相手がエイリアンであろうと、

国同士の戦争で行われるものと同じ軍事行動…。


最初から最後まで戦いっぱなしの展開で、

多少、体を休めるシーンはあっても、

そこで安っぽい恋愛ドラマが描かれたりすることもなく、

リアルな感じで戦場の様子が描かれます。


明日にで地球外生命体が地球にやってきたら、

おそらくこんな感じで世界の軍隊は行動を起こすのではないだろうか…、


とリアルに想像させる臨場感あふれる映画でした♪


作品全体の評価は、


星4つ ★★★★☆

とさせていただきます♪


世界侵略:ロサンゼルス決戦 感想 [オススメ度 星4つ]

世界侵略:ロサンゼルス決戦」を映画館で観てきました♪




地球を植民地化しようとするエイリアンが世界中を攻撃し始め、

パニックの中、民間人の救出作戦を遂行する

ロサンゼルス海兵隊の小隊の姿を描いた作品です。


エイリアンとの戦いといえども、

シガニー・ウィーバー主演のエイリアンシリーズのような、

ホラーサスペンス的な要素はほとんど無く、


どちらかというと臨場感あふれる戦争映画といった感じに仕上がっている作品です。


それがかえってリアルさを生んでて良い感じでした♪


エイリアンに立ち向かう海兵隊に、

特殊な能力を持ったヒーローが登場するわけでもなく、

あくまでもそこで行われているのは、

相手がエイリアンであろうと、

国同士の戦争で行われるものと同じ軍事行動…。


最初から最後まで戦いっぱなしの展開で、

多少、体を休めるシーンはあっても、

そこで安っぽい恋愛ドラマが描かれたりすることもなく、

リアルな感じで戦場の様子が描かれます。


明日にで地球外生命体が地球にやってきたら、

おそらくこんな感じで世界の軍隊は行動を起こすのではないだろうか…、


とリアルに想像させる臨場感あふれる映画でした♪


作品全体の評価は、


星4つ ★★★★☆

とさせていただきます♪


世界侵略:ロサンゼルス決戦 感想 [オススメ度 星4つ]

世界侵略:ロサンゼルス決戦」を映画館で観てきました♪




地球を植民地化しようとするエイリアンが世界中を攻撃し始め、

パニックの中、民間人の救出作戦を遂行する

ロサンゼルス海兵隊の小隊の姿を描いた作品です。


エイリアンとの戦いといえども、

シガニー・ウィーバー主演のエイリアンシリーズのような、

ホラーサスペンス的な要素はほとんど無く、


どちらかというと臨場感あふれる戦争映画といった感じに仕上がっている作品です。


それがかえってリアルさを生んでて良い感じでした♪


エイリアンに立ち向かう海兵隊に、

特殊な能力を持ったヒーローが登場するわけでもなく、

あくまでもそこで行われているのは、

相手がエイリアンであろうと、

国同士の戦争で行われるものと同じ軍事行動…。


最初から最後まで戦いっぱなしの展開で、

多少、体を休めるシーンはあっても、

そこで安っぽい恋愛ドラマが描かれたりすることもなく、

リアルな感じで戦場の様子が描かれます。


明日にで地球外生命体が地球にやってきたら、

おそらくこんな感じで世界の軍隊は行動を起こすのではないだろうか…、


とリアルに想像させる臨場感あふれる映画でした♪


作品全体の評価は、


星4つ ★★★★☆

とさせていただきます♪


世界侵略:ロサンゼルス決戦 感想 [オススメ度 星4つ]

世界侵略:ロサンゼルス決戦」を映画館で観てきました♪




地球を植民地化しようとするエイリアンが世界中を攻撃し始め、

パニックの中、民間人の救出作戦を遂行する

ロサンゼルス海兵隊の小隊の姿を描いた作品です。


エイリアンとの戦いといえども、

シガニー・ウィーバー主演のエイリアンシリーズのような、

ホラーサスペンス的な要素はほとんど無く、


どちらかというと臨場感あふれる戦争映画といった感じに仕上がっている作品です。


それがかえってリアルさを生んでて良い感じでした♪


エイリアンに立ち向かう海兵隊に、

特殊な能力を持ったヒーローが登場するわけでもなく、

あくまでもそこで行われているのは、

相手がエイリアンであろうと、

国同士の戦争で行われるものと同じ軍事行動…。


最初から最後まで戦いっぱなしの展開で、

多少、体を休めるシーンはあっても、

そこで安っぽい恋愛ドラマが描かれたりすることもなく、

リアルな感じで戦場の様子が描かれます。


明日にで地球外生命体が地球にやってきたら、

おそらくこんな感じで世界の軍隊は行動を起こすのではないだろうか…、


とリアルに想像させる臨場感あふれる映画でした♪


作品全体の評価は、


星4つ ★★★★☆

とさせていただきます♪


サンクタム 感想 [オススメ度 星4つ]

サンクタムを映画館で観てまいりました♪




タイタニック」や「アバター」を手がけた
ジェームズキャメロンが製作総指揮をしているということで、

期待をして映画館へ足を運んだわけですが、


良い意味で裏切られました♪


未知の洞窟からの脱出劇、迫り来る大量の水との闘い…、


そんな設定が3D映像で観られるということなので、

アクションを中心としたハラハラドキドキの派手な作品なのかと思っていたら、


意外とその根底にあるのは、

人間の弱さやはかなさ、そして、

主人公の青年、ジョシュと、父、フランクとの親子愛を描き出す、

精神的な映画でした…♪


もちろん、

アドベンチャームービーとしての迫力も充分盛り込まれていて、

それだけでも楽しめる作品ですが、


むしろ見どころは、

主人公・ジョシュの心の成長といったところでしょうか…。


迫り来る大量の水に翻弄されるアクションシーンと、

その中で見つける洞窟の異様な静けさ…、


その対比も映画ならではの味わいを感じさせてくれました♪


まさに聖域<サンクタム>を、

映画館にいながらにして味わえるのは、映画の醍醐味といったところだと思います。


当初、4月22日に公開予定だったこの作品「サンクタム」ですが、

やはり、水に襲われるシーンの表現が、

3月11日に発生した東日本大震災の津波被害を連想されるとして、

公開が延期されておりました。


震災後半年経って日本では、9月16日に公開が始まったわけですが、

たしかにこの作品を見るかぎり、直接の被災者、及び、日本人には、

見ていて辛い思い出が蘇ることもあるかもしれません…。


しかし、この「サンクタム」の中には、


「最後まであきらめない」

「どんな状況になっても生き続ける!」


といった強いメッセージも含まれていました。


被災者の方々におかれましては、

少し気持ちの整理が落ち着いた段階になってきたら、

観てみるのもよいかな、と感じました。


以上、

「サンクタム」を映画館で観た感想でした☆


評価は、星5点満点中、4つです♪


★★★★☆



サンクタム 感想 [オススメ度 星4つ]

サンクタムを映画館で観てまいりました♪




タイタニック」や「アバター」を手がけた
ジェームズキャメロンが製作総指揮をしているということで、

期待をして映画館へ足を運んだわけですが、


良い意味で裏切られました♪


未知の洞窟からの脱出劇、迫り来る大量の水との闘い…、


そんな設定が3D映像で観られるということなので、

アクションを中心としたハラハラドキドキの派手な作品なのかと思っていたら、


意外とその根底にあるのは、

人間の弱さやはかなさ、そして、

主人公の青年、ジョシュと、父、フランクとの親子愛を描き出す、

精神的な映画でした…♪


もちろん、

アドベンチャームービーとしての迫力も充分盛り込まれていて、

それだけでも楽しめる作品ですが、


むしろ見どころは、

主人公・ジョシュの心の成長といったところでしょうか…。


迫り来る大量の水に翻弄されるアクションシーンと、

その中で見つける洞窟の異様な静けさ…、


その対比も映画ならではの味わいを感じさせてくれました♪


まさに聖域<サンクタム>を、

映画館にいながらにして味わえるのは、映画の醍醐味といったところだと思います。


当初、4月22日に公開予定だったこの作品「サンクタム」ですが、

やはり、水に襲われるシーンの表現が、

3月11日に発生した東日本大震災の津波被害を連想されるとして、

公開が延期されておりました。


震災後半年経って日本では、9月16日に公開が始まったわけですが、

たしかにこの作品を見るかぎり、直接の被災者、及び、日本人には、

見ていて辛い思い出が蘇ることもあるかもしれません…。


しかし、この「サンクタム」の中には、


「最後まであきらめない」

「どんな状況になっても生き続ける!」


といった強いメッセージも含まれていました。


被災者の方々におかれましては、

少し気持ちの整理が落ち着いた段階になってきたら、

観てみるのもよいかな、と感じました。


以上、

「サンクタム」を映画館で観た感想でした☆


評価は、星5点満点中、4つです♪


★★★★☆



サンクタム 感想 [オススメ度 星4つ]

サンクタムを映画館で観てまいりました♪




タイタニック」や「アバター」を手がけた
ジェームズキャメロンが製作総指揮をしているということで、

期待をして映画館へ足を運んだわけですが、


良い意味で裏切られました♪


未知の洞窟からの脱出劇、迫り来る大量の水との闘い…、


そんな設定が3D映像で観られるということなので、

アクションを中心としたハラハラドキドキの派手な作品なのかと思っていたら、


意外とその根底にあるのは、

人間の弱さやはかなさ、そして、

主人公の青年、ジョシュと、父、フランクとの親子愛を描き出す、

精神的な映画でした…♪


もちろん、

アドベンチャームービーとしての迫力も充分盛り込まれていて、

それだけでも楽しめる作品ですが、


むしろ見どころは、

主人公・ジョシュの心の成長といったところでしょうか…。


迫り来る大量の水に翻弄されるアクションシーンと、

その中で見つける洞窟の異様な静けさ…、


その対比も映画ならではの味わいを感じさせてくれました♪


まさに聖域<サンクタム>を、

映画館にいながらにして味わえるのは、映画の醍醐味といったところだと思います。


当初、4月22日に公開予定だったこの作品「サンクタム」ですが、

やはり、水に襲われるシーンの表現が、

3月11日に発生した東日本大震災の津波被害を連想されるとして、

公開が延期されておりました。


震災後半年経って日本では、9月16日に公開が始まったわけですが、

たしかにこの作品を見るかぎり、直接の被災者、及び、日本人には、

見ていて辛い思い出が蘇ることもあるかもしれません…。


しかし、この「サンクタム」の中には、


「最後まであきらめない」

「どんな状況になっても生き続ける!」


といった強いメッセージも含まれていました。


被災者の方々におかれましては、

少し気持ちの整理が落ち着いた段階になってきたら、

観てみるのもよいかな、と感じました。


以上、

「サンクタム」を映画館で観た感想でした☆


評価は、星5点満点中、4つです♪


★★★★☆



前の10件 | - オススメ度 星4つ ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。