So-net無料ブログ作成

「県庁おもてなし課」錦戸亮&堀北真希で映画化 [映画ニュース]






県庁おもてなし課」が実写映画化されるそうです。


「県庁おもてなし課」は、女流作家・有川浩さんの小説。


主演は、
錦戸亮関ジャニ∞)さんと堀北真希さん。



高知県庁・観光部に観光促進を目的として発足した「おもてなし課」。


ことなかれ主義の職員たちと、
やる気はあるが空気の読めない主人公・掛水史貴(錦戸)、
アルバイト・明神多紀(堀北真希)、
そして同県出身の“毒舌”小説家・吉門喬介(高良健吾)らが
地域復興を目指し、奮闘する姿を描いた作品。


2011年に発表され、雑誌『ダ・ヴィンチ』の
“ブック・オブ・ザ・イヤー2011”で総合ランキング・恋愛小説ランキングともに
1位を獲得し、『第3回ブクログ大賞・小説部門』を受賞。


有川浩さんの作品といえば、好視聴率を記録した2010年放送のドラマ、
『フリーター、家を買う。』(フジテレビ系)や、


翌年に中谷美紀さん主演でスマッシュヒットを記録した映画
『阪急電車 片道15分の奇跡』、


岡田准一と榮倉奈々出演で小説『図書館戦争』の映画化も先日発表されたばかり。


相次ぐ実写化に有川浩さん本人は、


「楽しみで仕方ありません」と、


手放しで喜んでいるそうです。


映画『県庁おもてなし課』
2013年5月から全国公開予定!


 


関ジャニ∞ DVD ランキング


堀北真希 DVD ランキング










nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。