So-net無料ブログ作成

やおぎもは広島県民が大好きな牛の肺で作ったお酒のおつまみ [秘密のケンミンSHOW]






やおぎも(広島弁で「やおい(柔らかい)肝」)は、
甘辛い味付けとソフトな食感が人気な、
牛の肺で作られたお酒のおつまみ。


本日5月31日放送の人気テレビ番組、
秘密のケンミンSHOWの「ヒミツのごちそう」として、
紹介されていました。



ホルモンというと近年、
ホルモンヌと呼ばれる女性を中心に人気を博しているグルメで、
ハラミやシマチョウ、マルチョウなど、
豊富なバリエーションを揃えているが、
牛の肺とは聞いたことがありません…。


しかし、
広島のスーパーのお総菜コーナーなどでずらりと並び、
広島県民たちは躊躇せず買っていくということです。


ユアーズLIVI広島本通店、マルシン小野本店舟入店など、
市内のおよそ半分のスーパーで取り扱っているそうです。


<やおぎもの作り方>


牛の肺自体は味がないが、
触感が非常に良いので、
調理次第でおいしいものができるそうです。


牛の肺の臭みを抜くために、
30分ほど茹で、食べやすい一口大にスライス。


タレはベースの醤油に、ザラメ、
そこへピリ辛の一味を加えると、
味がないという牛の肺に甘辛いこのタレの味を存分に注入。


さらに生姜で完全に臭みを抜けば、
やおぎもの完成!


この甘辛テイストとソフトな食感が、
広島の飲んべえのハートを鷲掴みにしてるのです。


やおぎもを卸す工場・フレッズの営業部部長によると、
やおぎもが食べられるようになったのは40年前。
肉問屋たちが始めたということです。


広島といえばお好み焼きをイメージするが、
実はホルモンも昔から食べられているのだとか。


広島市の肉問屋さんが、
それまであまり食べられていなかった
牛の肺を使い始めると、意外と食感も良くて食べやすい、
と、スーパーを中心に出回り始め、
昭和40年代から「やおぎもの甘辛煮」として
次第に定着したということです。


牛の肺は下処理に手間がかかるため、
居酒屋では提供されなかったようです。


【訳あり/業務用/希少】(やおぎも,ヤオギモバサ,フク,ホッペ.プップギ)








nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。